伊豆長岡温泉の旅館「富嶽はなぶさ」
伊豆観光の拠点に最適なロケーション、料理自慢の宿。

旅館に、もっと熱を。

調理場の新人「しおん」の挑戦

ルーキーしおんが作る筍メンマ

板前1年目ルーキー

社会人一年目の事って覚えてますか?

僕は強烈に覚えています。

板前の1年目。

  • 何も出来ず
  • 何をやって良いか分からず
  • 毎日怒られ
  • 自信を無くし
  • 「ツライな・・」と思う日々

高校時代から、調理のバイトを続けていたのである程度包丁も使えたし、料理もそこそこ作れた。

だけど、プロの世界は全く違うんだな・・・と、すぐに感じました。

  • 圧倒的なスキル
  • 仕事のスピード
  • 食材や仕込みの知識量

などなど、先輩の仕事に全く付いて行けずに悩み苦しみました。今でも覚えているけれど、1年目は本当に本当に辛かった。

修行時代の休日、缶ビール片手にボーッとしていて気づいたら真っ暗だった事がある。夜になるまで全く気づかず、6時間くらい経過していた。それくらい疲弊していた。

今となっては良い経験だったと言えるけど、当時はそんな気持ちになれなかったですね。

仕事を楽しいと思えたのは2年目くらいから。ようやく「自分のやるべき仕事」が分かり始め、チームの一員になれた頃かな。

 

ルーキーしおん

2020年の4月から、富嶽はなぶさの調理場には新しい仲間が入りました。

大阪から来た19歳の「しおん君」。面接した時に料理への情熱を感じ、調理場の人数は足りていましたが採用。

1年目の彼を見ていると、何だか自分の事を思い出します。

でも僕は、あの頃とは違って、彼にもちゃんと「チャレンジできる場」を与えてあげようと思っている。

僕も板前としてずっと働いてきましたが、やはり「認めてもらえる」「必要とされている」というのが大事なんですよね。

承認欲求は誰にでもあって、板前1年目の彼にだってある。

だから、どんどん挑戦できる場を作って、失敗して学んで、形にしていってもらえたらなと。

 

しおんのメンマ

富嶽はなぶさは現在、520日までのご予約を受け付けておりません。

ですので、ネットショップの方に全精力を注入している次第です。

板前が作る料理を簡単にご家庭で食べられる事もあって、多くの方からご購入いただいております。

(富嶽はなぶさネットショップはこちら→「はなショップ」

ネットショップは、今まで僕が全商品を考えて、作って、宣伝して、梱包して、発送していました。

が、今は

  • 調理場でメニューを考え商品化
  • フロントスタッフが発送準備
  • 接待スタッフが梱包

などなど、リソースを割けるようになりました。

商品開発は、調理場と連携して行っていて、それぞれの挑戦の場になれば良いなぁとも思っています。

ってな訳で、ルーキしおんにも早速チャレンジの場を与えます。

「何かネットショップで販売できるものを考えてみな」

と伝えると、「裏山で収穫した筍を使ってメンマにしたい」との事。

 

苦悩の試作を乗り越えて

1年目のルーキー。

まだ賄いを作り始めたくらいなので、そう簡単には商品としての完成形に持っていけるわけはありません。

  • 家で試作してきたものは、醤油が濃く失敗。
  • 第2弾は、油が強くて失敗
  • 第3弾は、悪くはないけどパンチがない

というのを繰り返し、親方や先輩の助言を聞きながら試行錯誤していた”しおん”。

調理場が全員帰った後に、夜な夜な試作を繰り返している彼を見つけました。

その時に、試作していたメンマを食べさせてもらうと・・・「美味いやん!」

いや、ビックリしました。正直、こんな早くに形にすると思ってなかったです。

「いや、普通に売れるよコレ。めっちゃ美味いよ」と伝えると、「はい、ちょっと自信になりました」と。

うんうん、仕事ってそうやって楽しくなっていくんだよ。

 

厳しい意見をドシドシお待ちしております

「ルーキーしおんのメンマ」ですが、511日頃に販売を予定しております。

200g350ほどの値段設定を考えておりますので、是非是非お買い求めください。

(富嶽はなぶさネットショップはこちら→「はなショップ」

そして、厳しい意見をいただければ嬉しいです。

みんなの意見で、ルーキーを成長させてください!

頑張るぞ、しおん!