旅館に、もっと熱を。

Instagramで宿とお客様が繋がる

ある若いカップルがお誕生日にご宿泊されました

繋がるご縁に感謝して

皆さんは、宿を選ぶ際は何を参考にしますか?

  • 宿のHP
  • 各種SNS
  • 口コミ
  • 雑誌
  • 広告
  • 人からのオススメ

などなど、現在は予約までの動線が本当に多様化していると感じます。昔は絶大なる力を発揮していた「雑誌」「新聞広告」ですが、今はやはり「web」が一番見られている媒体であると。旅館でホームページを持っていないなんていうのは自殺行為で、どこの旅館も自社のホームページを持っています。

しかしながら、「ただ作っているだけ」という宿もあるのが現状で、新しい情報やコンテンツが常にアップデートされているのはむしろ珍しいのかもしれません。かく言う当館のHPも、以前は作りっぱなしのホームページでした。

  • 客室写真
  • 料理写真
  • 温泉
  • 各種プラン
  • アクセス
  • 予約ページ

と、必要最低限の情報を置いている・・といった感じに。

多忙な旅館の業務の中で、どうしても「伝わるように伝える」と言う部分が疎かになってしまう。ですので、三代目の僕はSNSやブログを使って、出来るだけ新鮮な情報をお届けしようと日々発信を続けております。なかなか地味な作業ですが、2年くらい続けてきてようやくお客様から「ブログ見ています」、「Twitterに載っていた料理ですね!」などのお声がけをいただけるようになりました。ありがとうございます。

どうぞ、館内で見かけましたらお声がけください。背の小さい小太りの30代男性を見つけたら、それが僕だと思いますので笑 

先日、当館に若いカップルがご来館されました。僕のInstagramの投稿に、「〇〇日にお伺いします!」というコメントをくださったカップルです。事前に僕の投稿もご覧になってくれたようで、料理の予習が完璧だったのだとか。「菊花鶉玉が美味しかった~」というコメントを見て、心からホッコリした気持ちに。

”発信を続けていて良かった”と、心から思いました。

ホームページだけだったら、献立ページに載っているただの「菊花鶉玉」だったものが、ブログやSNSで紹介しているので「”あの”菊花鶉玉」になってくれるのだと。ご来館前に、料理や宿の高揚感に繋げられただけでも良かったです。

どうぞ、ご来館のご予定が立ちましたら、こちらのブログやSNS等をご覧くださいませ。