旅館に、もっと熱を。

館内・食事の写真撮影!やっぱりiPhone12proよりCameraのproですね

魅力ある写真を

富嶽はなぶさ写真撮影

当館・富嶽はなぶさも移転して1年と4ヶ月が経過しました。

正に「あっという間」の1年4ヶ月。

「修正しなければいけない所を直していく」に追われていた1年でした。

  • 館内
  • オペレーション
  • 料理
  • スタッフ教育
  • 周りへの周知

などなど、まだ1年生だった僕らがやらなければいけない事は山ほどあって。

そして、まだまだやらなければいけない事は積み上がっていて。

移転リニューアル当初は、お叱りの声を沢山いただきました。

「掃除が行き届いていない」「接客がダメ」「空調が効いていない」「隣のお部屋の声が聞こえる」などなど、挙げていったらキリがない程。

日々、一つ一つ修正していきました。

  • 掃除もプロを呼んで一から習った
  • 接客もミーティングを重ねてブラッシュアップした
  • 空調も一つ一つ工事をしなおした
  • 全室防音工事もした

まだまだ改善した点は山ほどありますが。

そしてリニューアルオープン当初の”お叱りの声”は、今ではほとんど無くなった

(下記が旅行サイトのレビュー)

もちろん、まだまだ修正部分はあるので真摯に向き合います。

昨年10月に撮影した「館内写真」「料理写真」からも随分と変化した富嶽はなぶさ。

という事で、新たに撮影をしました。

やっぱり、プロの写真って凄いですよね。

 

昨年10月以来の写真撮影

館内撮影は随時していますが、プロを呼んで料理の撮影までしてもらったのは昨年の10月以来。

特に料理に関してはプロと素人の差は歴然なので、今回は当館の”推しポイント”の料理写真もしっかりと撮影しました。

館内については、デラックスルームの内装チェンジ・露天風呂の目隠し工事後の写真・パブリックスペースやスタッフ写真なんかも押さえました。

最近、個人的に写真や動画にめちゃめちゃ興味があり、いつもよりも熱が入ってとても楽しかったです。

やっぱり、仕事はいつだって”自分ごと”にすると楽しいものですね。いつだってこうありたい。

しかし、写真の出来上がりが楽しみです。

 

愛される旅館に

富嶽はなぶさのコンセプトは「人が集える、落ち着く宿」です。

ラグジュアリーだったり、非日常をふんだんに味わう・・という宿ではなく、僕らが目指すのは「あぁ〜なんか落ち着くなぁ」という宿。

  • 実家に帰った時の落ち着く感じだったり
  • 友達と会った時のホッとする感じだったり
  • 気のおけない仲間との飲み会だったり

そういう、どこか「落ち着く」という部分を強めていきたい。それはスタッフだったり、館内だったり、お部屋だったり、パブリックスペースだったり。

旅館に行った時に「おかえりなさい・ただいま」となる様な、スタッフとお客様が「久しぶりに来ちゃいましたよ〜」となる様な、そんな人が集える落ち着く宿に。

まだまだ理想には程遠いし、コロナで人は集いづらくなったけど、それでも今は「落ち着く」と言ってもらえる様なものを提供したい。

もちろん、料理・サービス・施設・清掃などの部分はしっかりとご提供するのは前提で。

写真映りも大事ですが、写真では伝わらない”温かさ”みたいなものを体験していただけたらと思います。

ちなみにこの記事での写真は全部iPhone12proです。プロの写真はもう少しお待ちを!