旅館に、もっと熱を。

何気ない発信もどこかの”誰か”に届いている

富嶽はなぶさスタッフが届ける想い

お客様が書き残したメモ

「伊豆で旅館を調べると必ず富嶽はなぶさに行き着くんだよね」

先日ご来館された客様から言われた言葉です。

聞くと、各地の旅館を調べていると当館のブログやSNSが必ずヒットするそうな。

結局、伊豆へお越しになったそうです。

また、先日は大学時代の友人がご宿泊にご来館してくれましたが、なんと「たまたま予約したら友達の旅館だった」そうな。笑

関東圏で宿を検索していて、当館の宿ブログに共感したので予約したのだとか。

本当にびっくりしました。だって、関東圏で何軒旅館あるんだ?という確率ですので。

もう、「ネットで検索」が完全にスタンダードになりましたもんね。

新聞広告やテレビ広告がどれだけ効果があるかは知りませんが、昔ほどではないのは確かかと。

3年前からガッツリ発信をし始めた僕。

新しい出会いも沢山あったし、発信を見てご来館してくれるお客様も本当に増えました。

「発信を始めて良かった」と心から。

 

スタッフのTwitter

そして、富嶽はなぶさの調理場メンバーもTwitterを使って発信をしてくれています。

「旅館ではなく人を目掛けてご来館して欲しい」

という想いで。

僕自身、発信し始めてからは「あ!三代目だ!」とか「いつも見てますよ」とかお声がけをいただく様に。

自分が変わると、これほどまでに周りが変化するのか…と驚きました。

だから、僕が帰ってきてからずっと一緒に働いたメンバーにも同じ体験をして欲しいなって。

自分を目掛けてお客様が来るという喜びを感じて欲しいなって。

  • 料理
  • 仕込み風景
  • プライベート
  • グルメ情報
  • 観光情報

など、肩肘張らずに好きに発信してくださいと伝えております。

下記が調理場メンバーとソムリエ石渡さんのアカウントです。

【スタッフアカウント】

 

「いつも見てますよ」

先日、ご来館してくださったお客様からの館内アンケートの表紙に以下のお言葉が添えられておりました。

「本日はお世話になりました。とてもゆっくりできました。ご主人様、料理人様のTwitterも見て居ます。旅館便りなどを見ても、皆様の旅館に対する愛を感じます。必ずまた来させていただきます」

僕も発信をし始めた時は、「これって一体誰が見てるんだ?意味あるんか?」といつも半信半疑でした。

でも見てくれている人は確実にいて、自分の発信が少しでも”誰かの役にたっている”と思うと毎日の発信が楽しくなる。

やはり、”発信の先”が目に見えると嬉しいものです。

今回のアンケートは正にそうで、いつもの発信の向こう側にお客様が見えたと思います。

実際、調理場の和泉さんも

こんなツイートを。

こうやって思ってくれた事が本当に嬉しいし、素敵なお言葉をくれたお客様に感謝しております。

 

誰かが見てくれている

  • 何気ない発信も
  • いつものTwitterでのツイートも
  • このブログも

「誰も見ていない」なんていう発信は一つもなくて、いつも誰かが見てくれているんですよね。

ご来館してくれるお客様に、「なんだか芸能人に会ったみたい」と言われるとこっちの方が不思議な気持ちになりますが。笑

是非ご来館された際は「Twitter見てるよ」とお声がけくださいね。

恥ずかしければ、そっとアンケートに記入してくださいね。

皆さんの「見てますよ」が、僕らのガソリンです!