旅館に、もっと熱を。

今年も「鮎の姿造り」が始まりました

生で食べる”鮎”

鮎がおいしい季節

初夏の伊豆長岡。

夏の美味しい食材がどんどん出てくる時期ですね。

  • 夏野菜
  • イワシ
  • いか

などなど。

海・川・山・富士山の湧き水など、伊豆は本当に食材が豊かな土地です。ビックリするほどに。

初夏のこの時期、富嶽はなぶさの名物料理「鮎のお刺身」

「え?鮎って生で食べられるの?」という方が多いのではないでしょうか?

焼くのが定番の鮎を、敢えて刺身で提供するのは「メッチャ美味しい」から。

この衝撃を、今年もお客様へ届けます。

富嶽はなぶさのご予約はこちらから

 

鮎のお刺身

初めて鮎のお刺身を食べたのは、数年前にスタンダードコースをフルリニューアルしてしばらくしてから。

「伊豆らしさを前面に出す」をコンセプトにし、天城の本山葵や韮山トマト・地元の鮎などを使って表現し始めました。

当時、こだわりの鮎は”焼き魚”で提供していて、評判も良かった。

それまでの倍近くの仕入れ値の鮎に変えたので、焼いても抜群の美味しさでした。

あまりに美味しいので、「生でもいけるんじゃね?」なんて気持ちで3枚におろし、骨を取り除いて食べてみると・・・「美味い!」。

脂ものっていて、しっかりとした白身魚の味わいがあり、グッと香る香りが。

「香魚」と書く”鮎”

生で食べると、その意味が良くわかります。香りが豊かで華やかなのです。

こんな美味しいもの、お客様に提供するしか無いでしょ!と始めた「鮎の姿造り」。

毎年、非常に好評の献立です。

 

鮎のお刺身が付くプラン

「鮎の姿造り」が付くプランは以下の2つ。

  1. 富嶽はなぶさスタンダードプランの「伊豆会席プラン」
  2. A5和牛静岡そだちステーキが付いたA5和牛ステーキプラン」

です。

*それ以外のプランには付きませんので、ご注意ください。

(料理の詳細はこちらから富嶽はなぶさ「料理ページ」

 

今だけの味覚を是非是非

鮎のシーズンは5月後半~9月まで

当館・富嶽はなぶさでは、「落ち鮎」と言われる9月まで提供する予定です。

日に日に、段々とデカくなっていく鮎。

その時々で味わいが違うのも面白いところです。

「鮎は焼き魚だろ」って方も、一度はお刺身で食べてみてください。概念変わりますよ。

今だけの味覚を是非是非!

富嶽はなぶさのご予約はこちらから