旅館に、もっと熱を。

「インスタで見ていた料理が食べられて嬉しい」

大学の後輩家族のお話

嬉しい言葉

11月に入りまして、ご予約が大変多くなってまいりました。ありがとうございます。企業様や学校などの忘年会も既に開催されていて、非常に賑やかな毎日でありがたいです。623日に移転してから、富嶽はなぶさでは改装工事を随時行っております。宴会場を作ったり、広くしたりしています。忘年会や会社の研修も多く使っていただいておりますので、幹事様は一度お問い合わせくださいませ。

さ、早速のステマが終わったので本題です。先日、大学時代の後輩が富嶽はなぶさへ遊びに来てくれました。学生時代は飲んだくれだった後輩も、立派な2児の母になっていました(まぁ、僕も同じように呑んだくれだったわけですが・・笑)。

兎にも角にも、すごい久しぶりに会えて嬉しかったのですが、やっぱり彼女も僕のSNSを見てくれていてご来館するのを非常に楽しみにしていてくれたよう。SNSやっていて良かったなぁって思うし、こうやってブログもコツコツ書いていて良かったなぁ・・と。宿屋は、忘れられなければ会いに来てくれますからね。

で、彼女が帰るときにこう言ったんです。

「インスタで見ていた料理が食べられて、めっちゃ嬉しかったです。一つ一つ噛み締めて食べましたもん!」

って、満面の笑顔で。

いやぁ、久しぶりに心をグッと掴まれるような嬉しい言葉でした。だって地味じゃないですか、毎日SNS投稿したりブログ書いたりって。でも見てくれている人は見てくれているよなぁって、当たり前だけど。何だか認めてもらえたようで、本当に嬉しかったんです。

  • 「痩せたね」
  • 「かっこいいね」

なんかより、よっぽど嬉しい言葉でしたね。というか、「かっこいいね」なんて10年くらい言われてないんじゃ・・?なんて思い返したけど、生まれてこのかた言われたことがない事に気づいて愕然としたよね。僕ももこみちみたいに生まれたかったよね。高いところからオリーブオイル掛けたかったよね。でもそんな自分が嫌いじゃないよ。

これからも、地道にこうやってブログ書いていこう!と決意した秋の夕暮れ。

後輩のきな家族、ご来館してくれてありがとう!また大きくなったお子さんを連れてきてね!