旅館に、もっと熱を。

宴会前にせっせと掃除するスタッフ「えみこさん」

頑張る人をしっかり評価できる会社へ

”お客様のために”と思う気持ちを大切に

当館・富嶽はなぶさのご夕食は2部制などでは無く、お客様が夕食時間を選ぶスタイルです。例外はあるのですが、チェックインしたお客様から順に大体18時~19時の間で選んでいただいております。当然、時間が集中してしまう場合は、ご希望に添えない場合もありますが基本的には選んでいただいてます。

2部制って、17時半の夕食が1部、1945分の夕食が2部みたいな感じで、どちらかの食事時間を選ぶというスタイル。これは、夕食の時間が決まっていた方が旅館側はやりやすいので。

調理場・接客・洗い場など、各セクションは、忙しい時間などが分かっていた方が動きやすいし、仕事にメリハリが付けられる。画期的なアイデアだと思います。

しかしお客様側はどうでしょう?

  • 若いカップルは17時半から夕食を食べたいだろうか?
  • 20時頃から食事開始したら、その後「ちょっと飲んでゆっくりしよう」なんて風には思わないのではないか?

いや、本当に賛否両論あります。それぞれの旅館は当然、「お客様の事を考えて」スタイルを選択しているので、どちらが良くてどちらが悪いとかではないのです。ただあくまでも富嶽はなぶさでは、お客様の時間に出来るだけ合わせたいと思い今のスタイルにしています。しかしながら、18時~19時過ぎまでの中で時間をお選びいただいている点では、そこまで寄り添えていないかなとも思いつつ・・・。難しいですね。

で、お客様のお好きな時間に合わせると、どうしても接客スタッフなどの手が空いてしまう時間があります。18時には「準備万端行くぜー」って思っていても、お客様の夕食時間は19時・・なんてことは日常茶飯事。じゃあこの時間をどう使おう?

  • ただじっと待っている
  • 他の早い時間の夕食を手伝う
  • グラスを拭く
  • 細かな掃除する
  • 明日の準備をする

などなど、現状は人によって様々です。

先日、デスクワークをしていると、宴会場の掃除をしているスタッフの姿を見ました。接待係の”えみこさん”です。団体のお客様が到着するまで時間があったので、せっせと窓を拭いたり床を拭いたりしていました。

旅館スタッフは、「お客様のために」と思える気持ちがとても大切です。”気持ちの良い空間でお食事してもらいたい”と思って掃除をしていたのかと。こういうスタッフを、しっかり評価してあげる会社にしたいなぁと、改めて。

旅館は間違いなく「人」で成り立っている。魅力ある「人」を大切にしようと心に誓った令和最初の秋。

接待係「えみこさん」を見つけたら、声をかけてあげてくださいね!